帯は着物に合わせて締める事で魅力を増すものです

格式や柄によって様々な種類がある帯

帯は着物姿に欠かすことのできないものです。
美しく着付けられているかという判断も、結び方が綺麗か否かで決まります。
また、種類によって着物の格式が変わります。
例えば普段の買い物や散歩のときに最適なものや、観劇やお出かけに適したもの、また結婚式などの格式あるシーンに適したものなど、種類によって着付ける場面が異なっているので、しっかりと把握することが美しく切るためのポイントです。
まず、形の種類を知っておく必要があります。
一般的には二種類の形があります。
一つは袋帯と呼ばれるもので、一定の太さで端から端まで織り上げられています。
これは格式高いシーンでの着付けに適しており、胴体に巻く部分は半分に折って使い、背中の結びのところでは全幅を使い形を整えます。
振袖に使うときには花結びといった華やかな結び方をします。
結婚式など振袖以外の着物の場合は二重太鼓という結びをすることが多いです。
次に、胴体に巻きつける部分だけが最初から半分の幅に折られて仕立てられた名古屋帯がよく使われています。
最初から半分に仕立てられているので、自分で折る手間がなく、袋帯よりも着付けは簡単です。
主に一重太鼓という帯結びに使われています。
使われている素材にもよりますが、観劇やお茶のお稽古、普段のお出かけなどに適しています。
また、素材や色柄による着物との組み合わせも考えなければなりません。
まず押さえておきたいのは、七月と八月に着るのに適した絽や紗などの透ける風合いの着物との相性です。
せっかく身頃の布地が涼しく透き通っているのに、帯が厚ぼったければ全体の涼しげな雰囲気を壊してしまいます。
だから、絽や紗の布地に合わせて、透ける素材のものを結ぶ必要があるのです。
透ける素材のものを選べば、夏でも快適に和装を楽しむことができます。
もう一つ夏の装いとして押さえておきたいものは、兵児帯です。
これは本来男性や子供の浴衣姿に合わせるものとして使われてきました。
絞りの入った柔らかな素材のものが多いです。
普通のもののように固い芯が入っていないので、とても着やすく疲れにくいです。
最近では女性も浴衣姿に合わせてコーディネートしています。
また結び方も難しくないので、簡単に和装を楽しむことができます。
同じく浴衣に合わせるものに半幅帯というものもあります。
これは端から端まで半分に折った幅で仕立てられており、文庫結びをして和装に合わせます。
このように格式によって様々な種類があるので、自分が出かける場所と上手にコーディネートして選ぶことが、美しい和装を楽しむ第一歩です。

そんな帯や着物ですが、今は中古でのリサイクルがブームになっています。
新品として購入するとどうしても費用が高くなってしまいますので、買う方も売る方も中古の着物をリサイクルすることで、お互いにメリットを得ることが出来ます。
今は日本全国対応の着物買取の情報サイトがありますので、こういったところで情報収集し、帯も含めて買取して貰い、得たお金でまた別の着物に・・・という形が無駄なく着物や帯を楽しむ秘訣になります。