風俗出稼ぎの職種別一覧

風俗の出稼ぎをする際に決めなければならない重要なことの一つとして”職種”があります。
職種によって稼げる金額は大きく変わってきます。

しかし、やりたくない職種や苦手な職種はあると思います。
出稼ぎの期間は短いですが、がまんしながら無理に働いても後々、後悔したりストレスがたまっては意味がありません。

基本的に、出稼ぎの場合でも、そうでない場合でも仕事の内容は同じです。
ただし、同じ職種でも地域ごとの特性で若干違いが出る事もあるので、ここで働いてみたい!
というお店が決まったら詳しい内容を問い合わせてみましょう

風俗業の職種について風俗業の職種について

風俗業の職種を大きく2つに分けると
1つはお店で働く店舗系と、もう1つはお客様の家やホテルへ行く形の派遣系に分かれます。
店舗系は、ソープランドやファッションヘルス、ピンサロ、アロマエステ などで
派遣系は、デリヘル、ホテルヘルスなどがあります。
店舗系の場合風営法の規制を受けるため勤務時間に制限がありますが、派遣系の場合は
そういった制限はありません。

王冠 稼ぎの多い職業紹介

  • ソープランド
  • デリヘル・ホテルヘルス
    ファッションヘルス
  • ピンサロ・アロマエステ

稼ぎやすいのは、
ソープランド → デリヘル・ホテルヘルス・ファッションヘルス→ ピンサロ・アロマエステ
の順となっています。

ただし、店舗のランクやサービスの内容によっても変わってきます。

職種と最低保証金について職種と最低保証金について

風俗出稼ぎでいくら稼げるかは、最低保証金に大きく関係してきます。
あなたが、どのくらいの期間でどのくらい稼ぎたいかによって、職種も決まってきます。

ソープ 高級店の場合1日7~10万円、大衆店の場合4~6万円ぐらいとなっています。
デリヘル 1日3~7万円、エリアや店のランクによっては1日10万円のところもあります。
ピンクサロン 1日2~5万円、サービス内容によって5,000円~1万円ぐらいアップするところもあります。
アロマエステ 1日 1.5万円~3.5万円お店によっては5~6万円のところもあります。
お仕事の紹介 ソープランド
  • お仕事紹介

    風俗業の中でも稼ぎは圧倒的に良い分、サービスも濃くなります。
    それなりのテクニックを要するお店もありますが、そういうお店は研修体制がしっかりしているので、心配はありません。
    一方、カジュアル系のお店では風俗が初めての方でも求人しているところもあります。
    どちらにせよ、求人内容をよく見て選んでください。

風俗の王様ソープの出稼ぎ求人はこちら

お仕事の紹介 デリヘル・ホテヘル
  • お仕事紹介

    ソープランドの稼ぎよりは下がりますが、比較的高給が望める職種です。
    どちらも、風俗の経験が浅くても(なくても)可能な職種です。
    勤務時間も、ファッションヘルスと違って深夜遅くなっても働けますので、ある程度自由がききます。
    デリヘルとホテヘルの違いは、デリヘルはお客様の家などにお店の車で送迎されて移動するのに対して、 ホテヘルの場合は近くのホテルへ徒歩で移動することぐらいです。

デリヘル出稼ぎの詳細

お仕事の紹介 ファッションヘルス
  • お仕事紹介

    店舗型ヘルスとも呼ばれていて、デリヘルやホテヘルと違ってお店でのサービスとなります。
    そのため、お店のスタッフが近くにいるので、安心感はあります。
    ただし、風営法による営業時間の制限を受けるため、午前0時(または1時)から日の出までは、働くことができません。

お仕事の紹介 ピンサロ
  • お仕事紹介

    お酒やトークが中心のキャバクラと違って、特に難しいトークのテクニックやお酒の相手は必要ないので、気軽に働くことができます。

お仕事の紹介 アロマエステ
  • お仕事紹介

    風俗業の中で最もソフトなサービスで、「脱がない」「舐めない」「触られない」求人が多いのが特徴です。
    ただし、お店によっては、サービス内容が異なる場合もありますので、確認はしておいた方が良いでしょう。
    一方、正統派のお店では本格的なアロマオイルを使ったマッサージを施すところもあり、サービス内容はかなり幅広くなっています。

その他、風俗出稼ぎの求人情報は、

風俗出稼ぎ求人情報
をココから探す!

上矢印